お万の方像
お万の方の像は、勝浦城跡 八幡岬公園の展望広場に建っています。

お万の布ざらし(伝承)

 お万様(養珠夫人)は徳川御三家の紀州(頼宣)と水戸(頼房)二祖の母で、
天正5年(1577)勝浦城主、正木左近大夫頼忠の姫君として勝浦城内で生まれました。
しかし、天正18年、豊臣秀吉に攻略され北条氏が滅亡すると、勝浦城も本多忠勝や
植村泰忠らの軍勢に攻められて落城しました。
  14歳の姫君お万様は、炎上する城を母と幼い弟を連れて、八幡岬の東側40mの
断崖に白い布を垂らして海に下り、小舟で館山方面へ逃れたということです。
ここを「お万の布さらし」と呼び、後世に伝えられています。
 その後、お万様は徳川家康に見初められ、17歳の若さで江戸城に入り「陰山殿」
と呼ばれて寵愛されました。
 =八幡岬公園看板より引用=

ウィンドウを閉じる