官軍塚
戊辰ぼしんえき末期の明治2年1月3日夜、熊本藩兵350人を乗せた船が、
市内川津沖の岩礁地帯で難破し、130数人の死者を出しました。
地元川津では総出で救助にあたり遭難者を埋葬供養したのがこの官軍塚です。
この船は熊本藩主細川韶邦よしくにが函館五稜郭で榎本武揚たけあき鎮圧に苦しむ実弟の
津軽藩主津軽承昭つぐあきらを救援するため、横浜で米国汽船を雇い出発させたものです。
なお官軍塚碑は昭和44年2月8日、百年忌を記念して建立されました。
また川津津慶寺しんけいじには遭難者の過去帳と熊本藩兵埋葬の碑が残されています。

=官軍塚公園看板より引用=

ウィンドウを閉じる