飯縄寺
飯縄寺 本堂 飯縄寺本堂
飯縄寺本堂は内外陣境にある欄間彫刻の銘文で明らかなように
初代武志伊八郎信由、俗称「波の伊八」の作例をもつ寺院建築
として知られている。現在の本堂は棟札などの資料から寛政九年
(一七九七)の完成と考えられ、彫刻と一体となった優れた建造物
と言える。

牛若丸と大天狗の図
鞍馬山で牛若丸が大天狗より巻物を伝授される図で、高さ一メートル、
幅四メートルのケヤキの一枚板に彫られ、銘文から初代武志伊八の
作と認められる。作者の運刀の冴えが見られる雄勁な大作で、県内
宮彫作品としては最優秀といっても過言でない。


=飯縄寺 看板より引用=

ウィンドウを閉じる